雲と寒気と初雪化粧

八ヶ岳から帰った翌日の14日、15日は大菩薩嶺ツアー。
降られることはありませんでしたが、両日とも曇り空と寒気の生憎の天気。

それでも二日目に雲の切れ目から「初雪化粧」した富士と南アルプスの連嶺が展望できただけでも幸運でした。

介山荘、今回始めての宿泊でしたが、そのユニークな歓迎振りに心温まるひとときを過ごすことができました。
ご主人最高!

はるばる山形からご参加いただいた皆様、本当にお疲れさまでした。

 

 峠の手前では珍しく鹿のオスが出迎えてくれました。

 宿泊は始めての介山荘。

 峠も濃い霧の中。

 首なしの地蔵か阿弥陀さん。地衣に覆われて時代を感じさせますね。

 一服の墨絵のようといえばいえますが。

 夕食のメニュー。甲州ワインが付きます。メインはカレーでした。

 登山記念のボールペンと百名山せんべい。

 翌朝も濃い霧に覆われた中を出発。親不知ノ頭付近。

 しばらく進むと雲間が切れてきました。

 一斉に霧が流れ去ってゆきます。彼方には「初雪化粧」した富士の裾野が。

ようやく南アルプスの高峰が横並びに顔を出してくれました。